FC2ブログ

就活応援サイト

就活生を応援します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最終チェック項目

15卒の学生の就活開始まで5日となりました。この段階でどこまで準備が進んでいるかをチェックしてみると良いと思います。

1)就活上の目標を決めましたか?
2)エントリーする志望業界・志望企業をおおまかでも決めていますか?
3)自己分析をやりましたか?自分の強みは何か実体験をあわせて明示できますか?
4)筆記試験の勉強をやっていますか?
5)自分の大学をターゲット校としている企業をリストアップしていますか?
6)自分のサポートチーム(協力してくれそうな人)のリストアップをしましたか?
7)大学のキャリアセンターに行きましたか?
8)就活で必要なツール(リクルートスーツ等)の準備ができましたか?
9)5月までの就活イベントでこれから毎月何があるのかおおまかでも理解できていますか?
10)面接練習の相手をしてくれる人が想定できていますか?

上記10項目で全部できている人は4月中迄に内々定が貰えるでしょうね。8~9個の人も何かが悪くて4月が駄目でもその後努力し続ければ近いうちに内々定が出るでしょうね。6~7個だった人はできてないのが3~4個なのでそこを早めに挽回できれば間違いない結果につながると思います。半分以下だった人は気持ちを引き締めて就活に取り組むことをお薦めします。

役立ったらポチット押して行ってくださいネ。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
 
スポンサーサイト
  1. 2013/11/26(火) 22:07:51|
  2. 15卒就活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12/1 プレエントリー開始に備えて

【プレエントリー開始まで10日】
15卒の就活解禁スタートの来月12/1まで残すところ10日になりました。各企業のホームページが正式にオープンし学生はプレエントリーができる様になります。

【平均80社】
ブンナビ調査によれば14卒は79.1社、13卒は77.2社にプレエントリーしています。エントリーシート作成提出と異なり、これは短時間でできるのでたくさんの企業にエントリーすることが可能です。

【方針を決める】
幅広い業界、企業を対象に就活するのか。それとも業界、企業を絞って就活するのか、もう決めていますか?前者のメリットは可能性が広がり、自分の思い込みで企業を絞り、内定を貰いそこねるというリスクが小さくなります。デメリットはたくさんの起業を受けるので一つ一つの企業に対する研究が浅くなり志望動機が希薄になりがちです。後者のメリットは絞った少ない企業の研究に専念できるので、深く研究できるため志望動機がしっかりと作れることです。逆に絞った活動のデメリットは業界企業を絞ることで自分との相性のあったご縁の起業と巡り合えないと内定が貰えず気がつけば持ち駒が無く就活が長期化してしまう可能性があることです。内定の無い学生は自分の想い込みで「この業界」「この会社」が自分にあっていると決め込み就活したものの実際は企業側からは良い反応がなく苦しむというケースが多いです。いずれにせよ方針を決めることが今の時期大切です。できれば複数の業界、複数の起業にプレエントリーすることのほうが良いのではないでしょうか?

【エントリーリスト】
プレエントリーするとIDとパスワードが設定されます。これは一覧表にしておくと便利です。ワードでもエクセルでも良いのでデータ化しておくことをお薦めします。業界別、あいうえお順どちらでも良いです。80社もエントリーするとこのリストが無いと後で苦労します。

【タイミング】
12/1からほとんどの企業でプレエントリーできます。夜中の00:00からできるところが多いですが、毎年アクセスが多すぎてフリーズすることも多い様です。なのであせって初日の早い時間にやらなくても少し時間をあけてからやっても大きな問題はないと思います。多くの人はやはり第一希望の会社からプレエントリーしていく様です。

役立ったらポチット押して行ってくださいネ。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
 
  1. 2013/11/20(水) 23:36:49|
  2. 15卒就活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「チームA」を作りましょう!

【孤軍奮闘は辛い】
15卒は就活スタートまでいよいよ2週間ですね。この半年間から1年間、一般的に見て厳しい期間になると思います。1勝99敗とか1勝39敗とか、エントリー数で人それぞれですが、そういう結果が成功という厳しい活動が就活ですから、前者は99回、後者でも39回「残念ながらこの度は貴殿のご意向に沿えぬ結果となりました。貴殿のご健闘をお祈り申しあげます」というお祈りを受けるわけです。結果を教えてくれるところは良いですが、サイレントのところもたくさんあります。なのでとても精神的に疲弊します。そういう中、一人で戦い続けるのはお薦めしません。今やどんな取り組みでもチームで行うということが高い成果を出し成功する鍵であるということがはっきりしています。例えばスポーツを例に挙げると、テニスやボクシングやゴルフや一人で行う競技ですら、高い成果を出している人は良いコーチがつき良い相談相手がいて、一つ一つ何等か結果や現象が出る度に修正をして改善して変化して成果を出しているのです。「孤軍奮闘」で成果を出す人も中にはいますが、平均的な学生はそれは難しいと思います。それでは、就活に臨むにあたりどんなメンバーを自分の協力メンバーとしてそしてチームとして考えていけばよいか以下に書いていきます。

【両親】
社会に出て経験している父親は社会の礼儀作法やら習慣やら学生と比べて格段に良く知っています。学生には全く新しい社会のことはまずは身近な先輩である父親母親に相談しましょう。ESやら礼状メールの書き方やらの相談くらいはどんな距離感のある親でも対応してくれると思います。実は周囲を見てもうまく内定を貰っている人は親がガイドして相談相手になっている人が多いです。正直、親が全く関与していないケースで就活に苦しんでいるケースが多く見られます。親としては大学に入る入試まではいろいろ一緒に悩み考えるのですが、サポートはそこまでで成人した後は独力でこなすことを求める場合が多いです。自分も長男のときはそう考えて全くサポートしませんでした。しかしそれではなかなかうまくいかないということがわかってきました。一緒になり悩み考え相談にのってあげることができれば理想だと思います。
しかし、やり過ぎは危険です。最後は本人の意志で決めることが大切です。そうしないと社会に出てからも自分でものごとを進めていく力が育たないからです。

【兄弟・姉妹】
就活を経験した兄弟姉妹がいたらいろいろ経験を教えてもらいましょう。必ず役立ちます。面接の練習やESの書き方等アドバイスがもらえる兄弟・姉妹がいると強いですね。

【友人】
各局面でどんなことが起きているのかいち早く情報を得るために同級の友人は重要だし、悩んだときの相談相手としても重要です。なかなか内定がでない人やストレスの溜まっている人は友人に悩みを聞いてもらったりできるといいと思います。自己分析が独善的にならないように友人から見て自分はどういう人間なのか教えてもらうことも良いでしょう。時には先に面接を受た友人からどんな質問がでたか等の情報交換もするようです。

【大学キャリアセンター】
早く顔を出してキャリアセンターの人と知り合いになりましょう。いろいろ面接の訓練等含めアドバイスがもらえると思います。役に立たないという人もいますが、「大学やそこで働く人」の違いでかなり差があるかもしれません。

以上簡単に書きましたが、就活がスタートする前に自分の「チーム」として協力してもらえそうな人をリストアップしておくといいと思います。

役立ったらポチット押して行ってくださいネ。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
  1. 2013/11/17(日) 06:50:08|
  2. 15卒就活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

就活6ヶ月就職40年【最重要な半年】

【人生における就活の位置づけ】
大学もしくは大学院卒業する新卒生は23年~25年間の人生を送ってきて就活に臨むわけですが、次の40年間のサラリーマン人生を決める大切な活動ですね。小学校、中学、高校、大学と学業やスポーツや文化活動等様々な取り組みをしてきてその集大成ともいえる活動になるのだと思います。やる気になって準備している人、適当にやればどこか決まるだろうと思っている人、あまり気乗りしない人、逃げたくなっている人、様々な状態の人がいることと思います。今もしくは12月のその人の状態によって5月上旬の状態に差がでてくると思います。

【この6か月が人生で一番重要な意味を持つかも】
この後の6か月前後の取り組み方次第で卒業した後の40年間が決まってくる・・・とまで言い切れないとは思いますが、卒業後に勤める会社がその後の人生をかなり大きく左右するというのは事実だと思います。中学入学、高校入学、大学入学等それぞれの節目で猛勉強したり、中には大学に入学するのに浪人したりした人もいるのかもしれません。その苦労と比べると就活は半年以下の短期決戦になります。勉強のようにはっきりとした正解が無いという意味では難しいものかもしれませんが、エネルギー量という意味では入試のほうが大変だったのではないでしょうか(個人差あるとは思うので一概には言えませんが・・・)。日本の大学入試は結構大変なのでそこまでして入学したのだから、学生期間最後の就活も集中して取り組むと良い結果が出ると思います。逆にせっかく苦労して大学まで卒業しても最後の重要な締めくくりの就活に真面目に取り組まなければそれまでの努力がもったいないのではないでしょうか?大学卒業にかかる4年間の費用は学費だけで200万~500万円(文系)、仕送り等入れると4年間で1000万円前後はかかる計算になります。自分で負担する人もいるでしょうが、親が負担している人もいると思います。これだけの大きな費用や努力の積み重ねがあるのだから来月12月1日から始まるこの6か月前後の短期決戦は大切に取り組み是非とも良い結果を出せるといいですね。

【まずは50%超までいくだろう第一群に入ることを目指して】
14卒の場合、5月頭の段階でマイナビ調査では34.6%、ディスコ調査では53%が内定を貰っていたというデータがあります。すなわち就活に取り組む人の約40%前後の人がこの第一群に入ってくると思います。多分今から目標を立て戦略を考えて真剣に取り組む人はこの第一群の40%前後の内定保持者グループに入るのだろうと思います。15卒は就職環境もかなり改善すると想定するとして半分50%以上が第一群にはいるのではないでしょうか?これを今読んでいる全員がゴールデンウィークに内定を貰っているといいですね。そういう状態で有意義なGWと夏休みを過ごせることを祈っております。

【卒業まで】
しかしたとえ仮に5月までに内定が貰えなくても就活環境は改善しているので卒業までに内定を貰うことはほとんどの人が可能な状況になってきています。なので長期戦になり少し辛いですが(10年、11年卒の人達と比較すると恵まれた状況だと思い正直うらやましいですね)継続すれば良い成果となると思います。まずは正社員になり社会に出れば世界トップレベルの日本のビジネスの世界に入り、社会保障もしっかりしているので最初恵まれない結果でも必ず報われるものだと信じて頑張りましょう。

役立ったら素通りせずポチット押して行ってくださいネ。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
  1. 2013/11/09(土) 23:33:08|
  2. モチベーション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どうして就活するのですか?

15卒の就活がスタートする12/1まで残り20日程となりました。一度なぜ就職をすることを目指すのかを自分なりに良く考えてみると良いと思います。ここではそのヒントを提示したいと思います。

【世界トップレベルの経済産業システムに入っていく】
日本のGDP額は残念ながら2010年に中国に抜かれたものの年間600兆円(アメリカ1600兆円、中国822兆円に次ぐ3位)であり、日本の現在の経済産業システムは世界的に見て大変高いレベルにあるということに間違いはありません。細かい部分を見ればまずい部分もあるとは言えマクロとしては第二次世界大戦後の世界では最も成功してきたシステムの一つと思います。日本の有業者人口6200万人のうち約80%(正規雇用3300万人、非正規雇用1800万人)がサラリーマンということになり、会社というものが日本の経済活動を支える構造になっているのです。現在の日本の教育制度の下 大学まで進学した人は93%以上が就職するという実績です。現在の大学、特に文系で学ぶ中身の意味は議論の対象となると思いますが、自ら起業する人を生み出すというよりもどこかの企業や公務員になるということを前提に行われていると思います。アメリカの様に卒業してすぐに起業するという人をたくさん生み出すという仕組みではないと思います。なので日本の成功した企業家の多くは一旦どこかの企業に就職して経済システムを会社で勉強してその後起業している人が多いと思います。そういう意味からまずは新卒として企業に入るということが定年まで勤め上げる人にも もしくは後で起業する人にも一般的に最初の窓口となると思います。

【社会保障費(厚生年金)の半分を企業が負担】
最近は年金の仕組みが崩壊するのではという心配をする人がいますが、様々な対策によってそれは無いと思います。現に厚生年金100兆円超過、国民年金10兆円の年度末積立金があり、更に年金の支払額の1/2を国庫から賄うという事が決まっており、年金未加入者は消費税でこの年金を支えているにも関わらず年金は貰えないという仕組みになっているのです。従業員5人以上の会社に入ると厚生年金の保険料の半分は会社が負担することになっており、すなわち保険料率17%の半分の8.5%、金額で毎月3~5万円を会社が負担、同額を自分が負担する仕組みになっています。すなわち年間で月給だけでも50~60万円、ボーナスも加えると100万円前後の厚生年金負担額を会社は目に見えにくところで国に収めてくれているのです。これは30年働けば何千万円以上もの金額に積みあがる計算になります。日本の雇用システムが終身雇用から変化していますが、転職したとしても厚生年金は継続していくので会社に所属しているということは大きな意味があると思います。会社に入らないで基礎年金であり義務年金である国民年金だけに加入していると毎月16900円(最大値)を40年間積み立てた場合の支払い総額は800万円となります。現行の給付水準は65歳以降毎年80万円となっていてこれだけでは65歳以上で生きていくにはとても厳しいものがあります。厚生年金はそれに上乗せする社会保障費であり、日本のサラリーマン社会を支える仕組みとして戦後作り上げられたものです。

【まずは正社員になる】
数年前までは就職環境は大変厳しく、正社員になりたくてもなれない、ニート、契約社員や非正規雇用が多く出ました。本当に残念なことです。しかし就職環境はかなり良くなってきており、15卒の人は真面目に取り組めば正社員になることができると思います。なのでまずは自分に合う分野で正社員目指すということは良いのではないかと思います。また最近日本では起業する人が減っているということを言う人もいます。起業は素晴らしいことだと思うのでそれを否定するつもりはありません。できればそういう新しいパワーで日本を引っ張っていってもらいたいと思います。そういう人でもまずは企業に入ってビジネスの基礎を学んでからという道もあると思います。

【就活6ヶ月就職40年】
来月から半年ほどの就活が卒業後40年の人生を決めます。ならばこの半年自分と自分の未来を見つめなおし、自分の将来のための活動に取り組むことはとても意味のあることだと思います。まだエンジンがかかっていない人もいるかもしれませんが、早めに始動されることが良いと思います。

役立ったら素通りせずポチット押して行ってくださいネ。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
  1. 2013/11/09(土) 07:58:44|
  2. モチベーション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

就活開始まで25日【準備ツール編】

【カウントダウン】
15卒予定の就活開始までカウントダウン25日となりました。今はどこの企業のHPの採用コーナーを開いてみても15新卒用のペ-ジは未だありませんね。これが25日後には一斉に15新卒用のページがオープンされます(企業によって数日から1週間程遅れるところもありますが)。

【12/1に向けてツールは準備しましたか?】
12月になるとパソコンからプレエントリーができる様になり早い企業や早い人は企業セミナーやらOB訪問が始まってきます。本格化するのは来年1月明けだとは思いますが、年内に動きだす人は動きだすし外資系は早くから始まります。なのでそろそろツール面の準備はしておいた方が良いと思います。
ではどんなツールや身の回りの物が必要か以下にリストアップしておきますので参考にしてください。

【就活ウェア】
①スーツ:黒と紺の最低2着は準備しましょう。黒はチャコールグレーの濃い色でも構わないと思います。高いものは必要ありません。まずは冬用の12月~6月まで着られるもの。洋服の青山か青木、もしくはスーツカンパニーあたりで体にフィットしたものを選びましょう。店員に就活スーツと言えば店員も慣れたものでしっかりと対応してくれます。2着で5万~7・8万円くらいだったと思いました。
②シャツ:白のシャツを最低4~5枚くらい準備するといいと思います。ぴしっとアイロンのかかったものを毎回着ていく方がいいです。なので毎回クリーニングに出すと良いですが、数枚「形態安定加工」の物も買っておけば、クリーニング屋が間に合わなかったときに自宅で洗濯してすぐに使えるので便利です。1枚5千円以下で良いと思います。
③ネクタイ:赤系、紺系のネクタイを最低2本~4本持っておくといいですね。
④シューズ:黒の革靴を最低2足購入することをお薦めします。毎回OBに会ったり面接に行くときの前はピカピカに磨いてから出かけるようにしてください。1足1万円前後ですね。
⑤ベルト:靴と同色の黒の革ベルト。これもスーツ購入するところであわせて購入すると良いと思います。
⑥靴下:黒の靴下をたくさん(10足以上)購入準備してください。同じのを履きまわして足が臭いのは不合格にしてくださいと言っている様なものです。
⑦就活鞄:黒のもの、質素なものっで構いません。1万円前後だと思います。逆に高級な革製の鞄もどうかと思います。書類がしっかり入るものを選ぶようにしましょう。
⑧ハンカチ:汗かいたり、トイレ行ったとき必要です。毎回持参しましょう。
以上は同じ店でまとめ買いすると安くなったりします。メール会員になると30~40%割引になったりします。

【就活ヘア】
床屋や美容院に行き就活なので「就活ヘアにしてくれ」と頼みましょう。清潔感が一番重要だと思います。染めていた人は一旦黒髪に戻しましょうね。内定が出たらまた個性ヘアに戻せるのでそれまでは就活に集中です。

【写真撮影】
髪の毛が準備できたら写真館や写真スタジオの予約をして写真撮影してもらいましょう。背景色を白にするか青にするか等聞かれたりします。それから少しいい男、いい女に修正してくれたりします。それから写真をデータでくれるので、多くの企業で求められる企業HPの採用エントリーページでのエントリーに対応できます。今は写真も紙(ハード)だけでなくデータが必要な時代です。これが数千円から1万円前後かかるので馬鹿になりません。しかし写真を企業に見てもらって面接に呼んでもらうかどうか決めるものなのでここはお金かかるのも仕方ないと割り切りましょう。

【就活手帳・ダイアリー】
来年の4月や長びいた場合それ以降までつきあっていく手帳はとても重要です(できれば長引かせたくないですが・・・)。12月、1月は企業セミナー、OB訪問、学内企業説明会、2月、3月はエントリーシートの締切日、筆記試験の時間と場所、4月に入ると面接のスケジュールで手帳は一杯になるはずです。少し大き目のものを購入しましょう。本屋で自分の使いやすいものを購入しましょう。OBや面接官の前で出したりするので黒の落ち着いたものがいいと思います。

【名刺】
最近は大学の学内のお店で製作してくれるようです。大学のロゴいりのものは使いやすく、OB訪問したり、リクルーター面談の時に渡したりします。携帯の番号やEメールアドレスを忘れずに印刷してもらいましょう。まずは100枚くらいあれば対応できそうです。数千円かかると思います。

【靴磨き1個・脱臭スプレー個・乾燥剤2個】
百均で全部売っています。合計400円。外見では足元の身だしなみが一番か2番目に大事です。靴は毎日ピカピカに磨いてから出陣してください。

【パソコン・スマホ】
就活は情報戦です。プレエントリーした後、企業説明会の日程予約は早い人からどんどん埋めていきます。3月にはエントリーシートが通過したら面接予定も自分でパソコンから予約します。これも企業から面接時間指定される場合と自分で空いている時間を早いもの勝ちで予約する場合と両方あります。何を言いたいかと言うとパソコンの遅いのや壊れそうなのは修理したりしておいた方がいいということです。大事なときにパソコンがダウンしていたなんてことがないようにしてください。そうそうエントリーシートの締め切りであわてているという時にPCがダウンしてネットカフェに走ったりする人もいます。注意してくださいね。

【ネットカフェ・コンビニ・郵便局】
作成したESを印刷してそこに手書きを加えるようなESの会社が結構あります。自宅下宿屋ににプリンターがある人はいいですが無い場合ネットカフェかコンビニの「ネットPRINT」等で印刷しなければなりません。事前に場所とやり方を確認しておいた方がいです。それと近くの郵便局で17:00以降まで郵便を受け付けてくれる局を確認しておきましょう。17時、19:00.24時間とあったと思います。ESは余裕もって出したいですが、どうしても締切前日になったりするものです。それに備えて以上を準備しておくと良いです。

【番外編 百均ショップフル活用 裏ワザ笑】
また改めて書くのでここでは流し読みでいいですが、「TG-WEB」始め、WEBテストではサイコロの問題や紙を折って切るとどういう形になるかとか、サイコロ6面をばらし組み立てると矢印はどこに来るかとかの問題がか頻出するらしいです。WEBテストの勉強してる人はわかると思いますが百均でサイコロをたくさん買ったしておくとテストに備えられるらしいです。それ以外に百均で揃うのは履歴書、履歴書入れる封筒(今だに紙の提出を求める企業はたくさんあります)はさみ、糊、セロテープやボールペン等フル活用してください。

思いついたものを書きました。しかしこうやってリストアップすると就職活動はお金かかりますね。親の負担たるや大変です。忘れていることがあればまた書きます。役立ったら素通りせずポチット押して行ってくださいネ。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
  1. 2013/11/05(火) 23:58:28|
  2. 15卒就活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東北おめでとうございます

東北が日本一になりました(プロ野球の話しです)。心から嬉しいです。日本全国の人が祝福する日本一だと思います。2011年3月11日、東日本大震災。東北に住んでいない自分はテレビのニュースで流れるあの東北を飲み込む映像に自分の国に起きていることかと信じられませんでした。あの映像はもう2度と見たくないというのが本音です。同じ日本に住む多くの方があの惨事に巻き込まれ亡くなり、今だなお行方不明の方も多くいらっしゃいます。心からご冥福を祈ります。あの後、日本を苛めるかの様に円高が急進し、2008年後半のリーマンショックの大打撃からよみがえりかけた日本の経済に追い打ちをかけるかの様でした。日本は12年後半まで本当に苦しい状況を経験しました。当然雇用環境や新卒採用も厳しい状況が続いてきました。今年に入って政権が変わりやっと日本経済は回復基調になってきています。東北には今なお架設住宅に暮らす方等辛い方もいらっしゃると思いますし、原発の完全復旧もなされていません。しかし昨日の「東北」の優勝は間違いなく、東北の人々の励みになると思うし東北、日本復活の兆候に思えてなりません。この後日本は日本人は明るい未来へと進んでいくと信じています。あの田中投手の史上初の24連勝の力投には東北の魂が乗り移って後押ししていたと感じました。東京オリンピックが決まり、和食が世界文化遺産に認められそうです。日本人は日本に対する自信を取り戻し、誇りを持つ時代がいよいよやってくる。日本人は共にこの苦境を乗り越えこの後も力をあわせて復活に向け進んでいくのだと信じています。社会に巣立つ若者が皆幸せな未来を掴める様に。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
  1. 2013/11/04(月) 22:15:22|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

学生生活残り5ヶ月

【遊びと勉強】
14卒予定の就職希望者の90%前後が内定を貰っていると思います。厳しい就活ご苦労様でした。入社式の4/1まで残り5ヶ月の学生生活ですね。この間に何をやるか、ディスコの調査によると文系学生は「趣味・遊び」が77.9%、「専門分野の勉強」が76.4%、「卒業旅行」が70.9%の順。理系学生は「専門分野勉強」が95.9%、「趣味・遊び」が66.6%「卒業旅行」54.6%の順でした。

【5ヶ月後】
就職したら毎週1日か2日の休み以外は毎日働くことになります。はっきり言って2年~3年間は辛いです。しかしそれは当然と言えば当然です。なぜならば、会社は毎月何十万、年間何百万というお金をあなたに支払うわけで戦力になってもらうために会社は新入社員に対してOJT(オンザジョブトレーニング)中心に教え込むわけです。職場の先輩達は様々です。優しく教えてくれる性格の人、怒鳴りまくる人、冷静な人、最初から新人に期待もせず教えようともしない人。多くの先輩社会人は10年以上経過して振り返ると「あの時は恨んだけど思い出せばあの時厳しく教えてくれたから今自分は仕事ができる様になっているんだなあ」と思いかえすのです。多くの人が最初に2~3年間「会社行きたくね~」「辞めたい」と感じるでしょう。中には「楽しくて仕方ない」という人もいますが少数派です。いずれにせよ5ヶ月後にはそういう生活が始まります。

【例】
たいていの学生は前期まででほとんど単位を取り終えて、週1~2回大学へ行くスケジュールなんじゃないでしょうか。バイトして海外旅行してという目論見も10/1の内定式の後、スケジュール変更をしなきゃとなった人が多いかもしれませんね。内定先は山の様な課題をくれるからです(笑)。簿記3級の通信教育、TOEIC+100点の通信教育、創業者の本を読んでの感想文、会社の法務コンプライアンスに関する課題。安倍首相の学生は勉強に取り組むために就活後ろ倒しするというのがありますが、企業は学生の時間を先食いして課題を課す形になっていることを知っているのかなあと考えてしまいます。それが悪いとは思いませんが、実態はそうなっています。

【友人・人間関係作り】
5ヶ月後には全く別の世界に入っていくわけですから、残された日々は心残りなく過ごしてください。飲み会、旅行、趣味、スポーツ、バイト、デートどんなことをするのもいいですが、友情を育み、人脈を増やしておくといいと思います。社会に出るといろんな悩みも出てきますから、その時に皆で集まって飲み会やってストレス解消したり、相談しあえる仲間をたくさん作っておくこと。それが一番大切だと思いますね。

それとまだ内定の無い10%前後の学生も就活の環境は改善してきていて必ず内定は貰えると思うので頑張ってください。

参考になったらポチットお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
  1. 2013/11/04(月) 09:45:07|
  2. 内定後
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

普通の大学生が内定を貰うためには

【絶対多数は普通の学生】
15年新卒予定の学生の就活がスタートするまで1か月きりましたね。ずば抜けたスペックを持つ学生なんてほんの一握りだと思うので、1学年50万人中45万人以上の学生はごく普通の大学生だと思います。そういう普通の学生が内定を貰うにはどうしたらいいか。

【人間力アピール力を高めること】
一つは人間力をアピールすることが一番重要だと思います。そのために自己分析をしっかり行い、ESを簡潔にアピールする技術を上げること。そして、面接の訓練をこれでもか、というくらいしっかりやること。そうすればかなり突破力は高まることだと思います。

【リクルーター制度の活用】
どこの大学にも先輩OBが採用を行うリクルーター制度を採用している企業があると思います。まずはその企業を調べることです。我々も調べた結果30社程あることが解りました。こういう企業は正式な面接が始まる4月よりも前にOB面談が始まります。そこでうまくアピールして先輩に気に入られれば、4月の面接に呼んでもらえます。しかも企業に任された大学OBからのお墨付きを貰えば、その先輩OBは「推薦書」を人事に提出して「この学生が是非とも採用したい」というバックアップが貰えます。そうなるとよっぽどのことが無い限り人事は落とせません。この制度を活用することは内定を貰う確率を高める方法だと思います。

【大量採用企業の活用】
メガバンクは多くの大学から大量採用します。それからリテール系の企業も大量採用します。メガバンクのMはしかもリクルーター採用をしています。Mの系列の信託銀行もそうです。それから家具のNもリクルーター制度で早くから採用する人をおさえにかかります。こういったところとのOB面談を4月前の2月3月から始めることは正式面接の事前練習になるのでエントリーしておくと確率が高まると思います。仮にリクルーター面談を通過できなかったとしても面接慣れできるので意味があると思います。

あっ そうそうついでにポチット押していってくださいねえ。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
  1. 2013/11/03(日) 05:43:48|
  2. リクルーター制度
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

81.7%:14卒内定率(前年比+5.5%改善)

リクナビの発表によると10/1時点での内定率は81.7%で昨年同時期と比べて5.5%に改善したとの発表でした。しかも内定社数は1.8社とのこと。就活の環境がどんどん良くなっていることを示しているデータです。就活に取り組んでいる人の中で内定が無い人は18%なったわけど絶対多数が進路が決まってきたということですね。まだ内定が無い人も来年3月までに内定が貰えると予想します。長男の活動した10年、11年卒の時と比べるとかなり就活環境はよくなっていますね。

あっ そうそうついでにポチット押していってくださいねえ。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
  1. 2013/11/01(金) 17:21:21|
  2. 14卒就活全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。