FC2ブログ

就活応援サイト

就活生を応援します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

6月内定率56.1%

マイナビ発表の6月内定率は前年比較して5.8%改善の56.1%。まもなく7月も終わるが7割前後の人が内定をもらっているのではないかと思う。昨日雨の中、就活スーツの女性をたくさん見た。今は一般職、アソシエート職の就活が活発になっているのかなと思った。夏休み前に内々定が出るといいですね。

よければポチットお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村

就職・アルバイト ブログランキングへ



スポンサーサイト
  1. 2013/07/31(水) 01:04:32|
  2. 14卒就活全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本復活に向けて(昭和・平成20年の原点)

【終戦のエンペラー】
この週末封切られたハリウッド映画「終戦のエンペラー」を観ました。トミーリージョーンズ演じるマッカーサー元帥と昭和天皇の太平洋戦争終戦直後の話しです。日本が「0」もしくはマイナスに突き落とされ、現代の日本の原点がそこにあったと感じました。この内容にとても感動するとともに、今の日本と同じ状況としていろいろ考えさせられました。

昭和20年8月6日広島原爆投下、8月9日長崎原爆投下、8月15日昭和天皇による玉音放送。日本が何百万人という犠牲者を出しほとんど全てを失った瞬間だったと思います。映画の中のシーンで出てくる東京は空襲により全て焼け野原の状態。しかし日本はそこから奇跡的な経済成長を遂げ世界第二位の経済大国に発展した。

【リーマンショック~東日本大震災】
平成20年9月15日リーマンブラーザーズ倒産に端を発する世界的恐慌。平成23年3月11日東日本大震災。平成2年のバブル崩壊と比較できない程に日本経済は打撃を受けたと思う。ずっと右肩上がりに成長してきた日本経済がこの3年間の間に落ちるところまで落ちたという厳しい時期でした。昨年平成24年末までもがき苦しんできた日本も新政権を中心にして良い方向に動きだしている。「終戦のエンペラー」で空襲で野原となった東京の映像は東北の街が震災・津波で無くなった映像とダブらして作ってあるとのことだが、映画を観ていて去年までの日本と同じだと思うのは自分だけではないのではないかと思う。

【日本復活に向けて】
新政権になり、日本はやっと復活の期待が持てる様になってきたと思う。日本全体が力を合わせて、将来の日本のために成長の基盤を作るときだと思う。これから社会に出る若い人達が日本のこれからの繁栄をささえ、そして我々が経験した豊かな日本を再度復活させてその繁栄を享受して欲しいと思う。

よければポチットお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村

就職・アルバイト ブログランキングへ



  1. 2013/07/30(火) 20:45:07|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

就活の辛い部分と対処方法

今の就活はどんどんハードルが高くかつ多くなり、就活生は精神的に辛くなってきていると思います。就活の何が辛いのかその核心部分を探り対応策を考えてみたいと思います。

【圧倒的な不合格連絡数の中での自己否定感】
多くの学生は複数企業を志望し選考活動に参加します。エントリーシート提出の平均数は27社。ほとんどの学生がたくさんの企業にエントリーシートを出して採用プロセスに入っていきます。具体的にはエントリーシート通過、筆記試験通過、一次面接通過、二次面接通過、最終面接通過というプロセスを経て内定にたどりつきます。どんな学生でも全ての企業から内定を貰えることはなく、エントリーシートを送った企業の内、90%以上の企業からその採用プロセスのどこかで不合格通知もしくはサイレント不合格を出される経験をします。そしてこの度毎に学生は精神的に少なからず辛い感覚を持ちます。学生はその都度、自分を否定される様な感覚があるのではないでしょうか?次男の場合35社ES出して内定1社、最終面接辞退3社ですから31社から合計31回不合格を言われたことになります。それぞれ一生懸命、エントリーシート準備し筆記試験を受け、面接準備をしてかなりの時間をかけて臨むわけですから、落ちた際のショックは小さいはずがありません。そのショック度合いは理解できるのですが、これに対しての対処方策を決めておいて前進することが大きな視点で見た場合重要です。対処方策としては不合格と言われることは「宝」だと割り切ることです。すなわちそこには反省材料があるわけで何故駄目だったかを短時間でいいから振り返ってみることです。そして次の面接や選考に生かせばいいのです。そしていつまでも引きずらないこと。なぜならばほぼ全ての学生が90%以上の不合格連絡を抱えているわけで自分だけではないからです。採用に至るには「運」「縁」「相性」といった要素がかなり多く含まれるから不合格連絡を貰っても自己否定することはありませんよ。どこか自分に相性の合う、そして自分を必要とする別の企業があるわけでそう思えばいいです。で、短時間で反省点を確認して次回同じ局面がきたらどうするかを考えたら気持ちを切り替えて次に進みましょう。

【長期間の採用プロセスの中での不安】
12月にエントリー登録し2~3月にES提出し4月から面接が行われます。なので早くても5ヶ月くらいは結果の出ない活動となります。その間、就活生は初めての就活で果たして内定が貰えるのか?という不安につきまとわれます。特に各プロセスを経て35社が15社にそれがまた半分にそして最終は4社しか残っていないとなるとどんどん不安感が出てきます。この不安は仕方ないものですが、友人等と励ましあい、親やキャリアセンターに悩みを聞いてもらうということがいいかもしれません。春採用で内定を貰えるのが理想ですが、その後夏、秋の採用も経て94%以上の人が内定を得るわけなので途中不安を感じても最後は自分を信じて臨めば良い結果が出ると思います。長男は2年間就職活動をしましたが、2年目の秋採用で就職先が決まるまで不安の中活動していましたが、仲間と飲みに行ったり、好きなスポーツをしたりバイトしたりしながら発散していました。とにかく自分一人の殻に閉じこもって悩むのが一番良くないので、友人仲間や親等他の人と話しをして発散させることが良いと思います。また子供がそういう状況にあった場合、父兄は暖かく話して見守ってあげることが重要ではないかと思います。

【内定がもらえないのではないかという不安】
これは上の内容と重複しますが、どの就活生も一度は心をよぎる不安です。94%の学生は内定を貰うわけなので自分を信じて活動するしかないと思います。もし本当に春採用でうまくいかず、夏採用、中小の採用でも内定が貰えず苦労しているのなら、この場合は危機意識を持ってアンテナをしっかりと張り情報を集めチャレンジするチャンスを増やし、振り返りを行い活動をする必要があると思います。そして全ての手段を尽くしてそれでも駄目なら就職浪人(留年)という手段もありますが、これは最後の最後に選択する手段かもしれません。

【内定先で働けるかどうかの不安】
学生と社会人は根本的に住む世界が異なります。学生からすると社会に出るのは不安に感じる人も多いのではと思います。ブラック企業と言われるところもあり、営業職だとノルマに追われ大変なのでは?と心配になるでしょう。この不安に対しては既に社会に出ている先輩からアドバイスを貰うと良いと思います。先輩はきっと後輩のために準備することを親切に教えてくれると思います。


よければポチットお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村

就職・アルバイト ブログランキングへ



  1. 2013/07/28(日) 01:53:59|
  2. 就活全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋採用始まる

いよいよ一部の企業で秋採用がスタートしましたね。
【三菱東京UFJ銀行】
エントリー期間:7/16~8/15(総合職)
         8/6~(アソシエイト職)
【日立製作所】
ES締切~8/23 12:00
WEBテスト~8/26

【野村証券】
ES締切8/19AM8時

今日は全国的に猛暑ですね。暑いですが体調に気をつけ頑張ってください。
よければポチットお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村

就職・アルバイト ブログランキングへ



  1. 2013/07/27(土) 16:36:38|
  2. 14卒就活全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【新就活スケジュール】8月から面接開始(16卒から)

経団連から新倫理憲章の発表がありました。今の2年生である16卒から変更になります。
【新スケジュール】
企業の広報活動開始、エントリー受付は3ヶ月遅れ3年生の3月からスタート。面接開始/内々定は4ヶ月遅れ、4年生の8月からと決まりました。7割の学生が反対しましたが、決まってしまったことは変えられないでしょう。
【難しさ】
1)リクルーター採用拡大
企業は今大学ターゲットを決めてリクルーターに学生を絞らせてその学生を優先的に面接採用するという方式に変わりつつあります。95%がリクルーター採用で残りの5%を一般学生採用にしている企業もかなりあります。今回の面接開始の4ヶ月遅れで、10/1の正式内定までの期間(学生採用期間)が2ヶ月に短縮され(今までは6ヶ月)企業はリクルーター制度の拡大促進に動くと予想します。
2)前期テストと就活山場が同期化
面接開始の1ヶ月前の7月がエントリーシートの提出やリクルーター面談や筆記テストや会社説明会で一番忙しい時期となります。志望先の間口を広げて多くの企業にエントリーする人は、大変だと思います。今まさにこの時期7月ですが、前期テストで勉強しなければならない時期ですね。厳しいと思います。

【対策】
決まったものは仕方ありません。今の2年生以降は下記対策を進め準備する必要があると思います。

1)リクルーター対策
どこの大学でも多くの学生が就職する企業があるはずでそういう企業はその大学にリクルーター採用枠を定めていると思います。通常の面接採用とは異なるリクルーターに選ばれる方法をしっかり準備する必要があります。具体的な方法は別途書きたいと思います。

2)早い段階からの準備
4年生の前期テストへの準備を早めに行い、就職活動と両方うまくこなせる様にすべきです。できれば3年生までに卒業単位をしっかりと修得して4年での負担を減らしておければ一番いいですね。エントリーシートの提出とWEBテストや筆記試験は期限ギリギリでなく早く終わらせておくといいと思います。とにかく早めに計画を組んで動くそういった対策で乗り切るしかないと思います。

よければポチットお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村

就職・アルバイト ブログランキングへ



  1. 2013/07/22(月) 19:31:11|
  2. 16卒就活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

内定を貰う基本条件

【礼儀正しい】
これは大切な要素です。会社に入ると取引先、お客様、会社の中の関係部署の相手、会社の中の上司・役員と接する機会の連続です。その時に礼儀正しく対応できることが求められます。きちんと挨拶できること。相手をたてること。そういったことができる人間はどこに出しても恥ずかしくありません。逆にこれができてないと会社の仲間として心配でしょうがないです。なので面接を通じてその人が礼儀正しく対応できる人かどうか、確認します。一番基本の中の基本とも言えると思います。

【相手への思いやり】
社会に出て、企業に入りビジネスの世界で活躍する。当然仕事をこなす能力も重要です。しかし、一緒に働く仲間として「人間性」、「相手への思いやり」そういった部分はとても大切です。面接のときも面接官の立場で考えられるか。グループディスカッションや集団面接で一緒になる他の学生の立場を理解して配慮できるか?そんなところもひそかに確認されています。いくら頭の回転が速く、輝かしい経歴があり、TOEICが900点であっても嫌な人間性の人よりは「良い人間性」の人と働きたいでしょう。外資系ならどうかわかりませんが、「日本」の会社であればそういった日本古来の礼節や思いやりは重要です。失敗談ですが若いリクルーターと会ったときに会社の財務状況に関する難しい質問をしました。若いリクルーターには難しい質問で答えられず、調べて後から回答しますと言われたそうです。しかし、その後、もう2度とそのリクルーターからは呼ばれることはありませんでした。これは完全にその若いリクルーターの立場を尊重しないやり方であったと反省しました。やはり相手の立場を尊重すること、これは重要です。

【コミュニケーション力】
面接のやりとりの中で相手と言葉のキャッチボールができるか?これは練習さえすればどんな質問でも何らかの対応はできると思います。一番いいのはしっかり準備しておいて、瞬時に明るく答えることですが、難しかったり、わからない質問の場合でも、「え~っと、こういうことを聞かれているんですねー、ちょっと考えさせてください・・・」と一言入れて少し考えて誠実に返せば良いと思います。これまで何度も面接の経験をしている人はこれまでの質問を思いだして、こういう答え方があったかなーと回答をもう一度考えてみるといいですよ。たいていは人間なので同じ様な質問しかないはずです。

【良い印象】
明るく笑って、聞き取りやすい声で できれば大き目の声で対応する。はっきり言って練習しかないです。この時期内定が無い人は自分に自信を失って明るく、大きな声で、自信を持った態度ができないという人がいますが、人間皆同じです。開き直って練習すればいいだけです。もう一度基本に返って鏡の前で笑顔を作って練習してみましょう。面接の10分程の時間に集中して一番いい自分を演じるだけです。一生の長い時間の中で一番良い自分をその短時間演じきってみましょう。家族や親友や就職課、の人に良い印象を感じ取れるか聞いてみて練習してください。

【頭髪、服装】
業界に合った頭髪、服装ができているか一度確認してみましょう。自分では良いと思っていても、面接する60近いオジサンから見たらなんかだらしないと映っているかもしれませんよ。次男は後頭部の髪の毛も整髪料で直角に近い角度で立てていましたが、やはり金融関係は内定はもらえませんでした。スーツやシャツ、ネクタイはしっかりクリーニングに出して綺麗な状態で。靴はピカピカに磨いて面接に臨みましょう!

【志望動機・自己PR】
これは就活の重要なコアですが、しっかりと業界・その会社を調べ上げ、自己分析していったい自分はどんな人生を歩んできて、どんな苦労してどんな点がその会社の役に立てるか簡潔に述べることです。内定を貰うためには徹夜してでも前準備するくらいの覚悟で臨んでみたら一生に一度の勝負と言えるかもしれないしきっと結果が出てくるでしょう。

7月後半に入り前期テストもあり、暑い中大変ですが、きっと良い結果がでるので粘り強く頑張ってください。

よければポチットお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村

就職・アルバイト ブログランキングへ



  1. 2013/07/20(土) 21:10:37|
  2. 就活全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

優良企業の夏採用(金融編)

景気が上向く中で夏採用が増えていますね。熱い中頑張っている就活生に良いことがあればいいですね。14卒の募集は増えてきているんじゃないかと思います。そんな中で金融関係の優良企業の採用情報です。

【ミズホファイナンシャルグループ】
エントリー期間:7/8~7/31、メガバンクの一角だがその中でもこれから最も飛躍するであろう一番の優良企業。13年3月期の経常利益は7500億円。重要なことは「One Mizuho New Frontier」という中期計画を掲げて業務を進めていること。信頼、サービス、グローバル化が柱だが他のメガバンク以上にお客様へのサービスに力を入れている点が素晴らしい。14年3月が7500億円、15年3月が8000億円レベルの利益計画だがとても堅実な見積もりだと思うし1兆円レベルも可能と思う。
残念ながら春採用からの敗者復活は認めていない。

【オリエントコーポレーション】
継続してエントリーを受け付けている。ここは自動車金融やクレジットカードを主に扱う会社で13年3月期210億円、14年265億円、15年320億円の経常利益と中期計画を持って着実に改善を進めている優良企業。その詳細はホームページで確認してほしい。女性含め社員への教育等しっかり考えている企業だと思う。ここも今後アベノミクス景気の影響を受け大きく飛躍する企業。特に国内自動車市場が回復する可能性があるのでオートローン分野で大化けする可能性が高い。採用は昨年が全国60人 地域50人だったが、この成長戦略から150人規模と増やす可能性も高い。

まだまだ他にも優良企業が採用していますが、就活生の皆さんの企業探しにお役に立てればいいですね。よければポチットお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村

就職・アルバイト ブログランキングへ

  1. 2013/07/19(金) 07:10:02|
  2. 14卒就活全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この時期優良企業の見つけ方

いよいよ7月も中盤ですね。猛暑の中就活ご苦労様です。熱中症に気をつけ水分補給するとともに、スーツやシャツ、ネクタイによれがないか確認してベストの状態で面接に臨んでください。そうすればおのずと良い結果が出ると思います。さて大手企業の夏採用もありますが、中小の優良企業の採用も進行していると思います。何も大手のみにこだわらなくても良い中小企業もたくさんあります。自分の志望の合った良い企業を探してください。

【財務データ】
まずは、売上が伸びているか?営業利益、経常利益は伸びているか?08年のリーマンショック、そして11年3月の東日本大震災で大幅に落ち込みそしてその後、12年、13年とじょじょに回復しているのが大方の企業の動向です。国内小売、リテール系はその回復が早いだろうし、メーカー等はそのスピードが遅く、今年の円安によって急ピッチに回復しているところが多いでしょう。昨今の円安はユニクロやニトリ等海外で製品を生産し輸入販売するリテール系にはマイナス要因として働いているでしょう。そんな中で確実に売り上げ、利益を伸ばしていてこの先も拡大する明確な戦略を持っている企業を見つけられたら迷わず応募したいですね。また自己資本比率が良いかどうかも確認のポイントになると思います。これは業界によって異なるので一概には言えませんが一桁のところは借入金で賄う部分が多いのでリスクありと言えるでしょう。二桁、20%30%を超えているかどうか、チェックポイントだと思います。

【強みがあるか】
その企業がある分野で世界ナンバーワンのシェアがある製品がある、世界に誇れる技術や強みがあるかどうか?優良企業かどうか判断するポイントですね。

【離職率】
日本マクドナルドの3年離職率は50%近いです。半分辞めてしまうということですが...、これは人によって受け取り方が違っていいと思います。半分の力のあるやる気のある人は働き続けるし、そこで3年やって力をつけて転職して他の企業で活躍しているのかもしれません。しかし一般的には数字の小さい企業を選ぶでしょうね。ね。

【採用計画】
就職四季報や会社四季報で探してみて、HPで確認して 今年の採用は何人でまだ採用しているのかどうかこれを
HPの採用のページで確認しましょう。中小の会社は一桁しか採用しないところも多いでしょうから倍率も厳しいかもしれませんが熱意をぶつけていけば、良い結果がでるかもしれません。

【参議院選挙】
7/21は投票日です。どこに誰に投票しますか?就活で大変でしょうが、日本の復活のために自分の意見を持って投票してくださいね。30分もあれば終わります。面接で選挙に関する意見を聞かれるところもあると思います。

よかったらポチットお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村

就職・アルバイト ブログランキングへ

  1. 2013/07/16(火) 00:19:36|
  2. 14卒就活全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

優良企業の夏採用

暑いですね。そんな中での就活ご苦労様です。今月は前期テストが来週あたりから始まるでしょうから、それもこなさないといけないので大変ですね。夏採用の企業が増えています。アベノミクスで経済が回復しているので成長を計画している企業にとり将来を睨んだ人員強化は当然と言えば当然ですね。この後も当然優良企業からの募集が増えるでしょう。

【武田薬品工業】
薬品国内最大手。MR職の夏募集がホームページに掲載されています。募集期限は見つけられなかったのですが、きっとある程度の人員計画数を持っていてその数が埋まったら夏採用活動をやめるということではないでしょうか?昨年の採用数は130人(内文系53人)なので春採用とあわせて それを上回る採用数と想定します。ここはHPの財務状況を見てもらえばわかりますが、リーマンショック後の落ち込みから売上も利益も回復、研究開発費も大幅に増やしています。アベノミクスで薬品に関しても規制緩和が含まれていますが、今後大きな成長戦略を持っている超優良企業だと思います。間違いなくこの先10年で大幅成長する企業です。残念ながら春採用からの敗者復活は受け付けないと書かれています。

【トプコン】
ここは、採用開始時期が6月からと遅い企業です。測量機器や医療用機器が主力で隠れた超優良企業です。ホームページを見ると中期経営計画が掲載されていて今後大幅に売り上げ、利益を拡大する野心を持った企業です。ここもアベノミクスで大幅に成長するでしょう。採用数は片手以下と思われるので早めに応募して熱い想いをぶつければ良い結果が得られるかもしれません。

【シャチハタ】
7月末までの締切で募集しています。但し技術系のみの様です。しかし、文系でもダメ元でトライしてみると可能性があるかもしれません。

今年は異例の早い梅雨明けで これが良かったのかどうか...雨の中の就活か汗の中の就活か、どっちも楽でないことに変わりはないか。私の周りでも苦しんでいた就活生にやっと内々定が出始めています。本当に良かったなど思います。粘り強くあきらめずに続ければ必ず良い結果がでると思います。
よかったらポチットお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村

就職・アルバイト ブログランキングへ

  1. 2013/07/14(日) 10:03:22|
  2. 夏採用
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の就活

暑いですね。今日は37度超の場所が多かった様です。就活中の方は猛烈な暑さに体力を奪われない様に工夫し頑張ってください。

【自分の考えを持つ】
成人となり社会でも大人として扱われる年代である。自分のしっかりした考え方を持っているか?採用する側はストレートに聞いてこないが、そこらへんを確認してくるだろう。

【参議院選挙】
今月21日に選挙がある。どこの党に投票するのか?「政治に興味は無い?」そういう声も聞こえてきそうだ。今日本は経済的に復活する重要な局面にある。自民党が圧勝すれば、衆議院与党、参議院野党という捩れた関係が解消し、現政府がどんどん新しい政策を進めるだろう。経済的には公共事業投資拡大、消費税の増税(5→8%)等が進められる可能性が高い。この点は多分ネガティブ反応は大きくないだろう。しかし憲法96条、9条改正、原発再開、TPPが進んでいく可能性がある。これらに対してあなたの考えはどうですか?

【企業財務データ】
それから、自分が受ける会社のデータはざっと頭に入れた方がいいと思う。売り上げ高、営業利益、利益率、自己資本比率等の重要な基本データの動きは頭に入れておくと面接等で質問でき有利だろう。

よかったらポチットお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村

就職・アルバイト ブログランキングへ

  1. 2013/07/12(金) 00:27:49|
  2. 時事問題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

13年ブラック企業ノミネート8社

【ノミネート8社】
①ワタミフーズ
②クロスカンパニー
③ベネッセコーポレーション
④サンチャレンジ(ステーキチェーン店)
⑤餃子王将フードサービス
⑥西濃運輸
⑦東急ハンズ
⑧東北大学

どこも有名なところばかり。ワタミは2年連続なのでトップのキャラクターに根ざした根深いものがあるのかなと思ってしまう。ベネッセは「追い出し部屋」で退職に追い込むとのことだが、この会社の社員を知っているが誇りを持ち優秀な人物だったのでとても素晴らしい会社と思っていた。お客としてはそれ以外の西濃運輸も東急ハンズも王将も優秀でよいブランドイメージしかない。外から見るのと中から見るのではやはり違いがあるのだろうか!?

【就活生としてどうするか!?】
普通の反応としては上記8社は避けて通りたいと思うだろう。それが普通の反応だろう。それを否定はしない。そんな中、客観的に観て上記8社の中のいくつかは採用されることははわりと難しくないかもしれない。何故ならみんな避けるだろうから。もし、内々定がないとしたら候補として考える手はある。自分がその立場なら受けてみるだろう。マスコミでこれだけ叩かれれば、よほどでない限り社内監査、改善をして変わっていくのではないだろうか?いやそう願いたい。受けるかどうかは自己責任で。

  1. 2013/07/09(火) 21:04:19|
  2. 企業情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏採用情報④

【夏採用】
6/1時点の内定者の一人当たり内定社数は1.95社(リクルートキャリア情報)。すなわち内々定貰った人は平均2社から内々定もらったことになる。そうするとその人が1社辞退し、内々定なかった人がその辞退した枠を埋めれば内々定者の数は倍になるはず。6/1現在で53.4%の内定率だったので就活生全員が内定を貰えることに数字の上ではなるのだが。10/1の正式内定まで複数内定を確保する人もいるだろうし、早々と辞退した人もいると想定される。企業とのマッチングや企業の考えるボーダーもあるだろうから全員がすぐに内定を貰えると簡単に言えないかもしれない。しかし入社後鍛えればものになるのだから景気も上向いてきているし少し採用緩和があってもいいのではないだろうか?

【夏秋採用企業リスト】

富士ゼロックス 応募期間:7/10~7/22
阪急電鉄 第一回 7/16、第二回 8/14
日立 8月選考(詳細スケジュールは確認要)
東芝 秋選考(詳細スケジュールは確認要)
タマホーム 7/4、5

この後もどんどん追加募集あると思います。頑張ってください。

よかったらポチットお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村

就職・アルバイト ブログランキングへ

  1. 2013/07/03(水) 07:35:22|
  2. 14卒就活全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。