就活応援サイト

就活生を応援します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

8月までで7割が内々定

マイナビ情報によると8月の内々定率は69.8%で14卒から5.1%改善、12卒からは10%以上の改善となったとのこと。10年卒から始まった超就職氷河期は終わったことを示していると思う。 特に理系は80%が内定を得ており、好景気の中、企業が研究開発費を増やし、理系の採用が活発化しているのだと思う。内々定の無い30%の学生と内々定があっても活動を継続する学生を足した46.2%がこれからも就活を継続する。残暑の中、まだまだ20万人くらいの学生が就活するということで応援したい。10/1の内定式後に次の山場がくるだろう。内定保持者平均2社以上持っているので単純な計算では未内定者数を上回る辞退数がでることになる。あきらめず頑張ろう。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
 
スポンサーサイト
  1. 2014/09/15(月) 06:53:22|
  2. 15卒就活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新社会人に向け何をしたらいいか②

【15卒の今は】
いよいよ9月、15卒の人達は卒業まで残り7ヶ月ですね。10月1日の内定式が来ると、会社は内定学生にた~くさんの課題をくれます。創業者の本を読むこと。コンプライアンスの通信教育、簿記3級4級の資格を課すところ、10/1になったら驚くと思いますが、残りの学生生活を楽しむ予定が崩れ去ります。

【今何をしたらいいか】
まあしっかり楽しんでほしいと思います。新しい友人を何人かつくるとかいいかもしれません。それぞれ自分で目標を置いて過ごすと良いでしょう。

【メール】
会社に入ってコミュニケーションのツールとして一番多くの時間を割くのがメールです。正直メールのやりとりがきちんとできるかどうかはとても重要です。この方法を誤るとそれだけでできない奴の烙印がおされてしますので気をつけましょう。これは武器にもなれば、落とし穴にもなる両刃の剣的なツールなので心してマスターしましょう。

【メールの重要ポイント】 
まず、誤字脱字はしない、相手の名前の漢字を間違えるのは最悪です。また誤変換も十分気をつけましょう。異動を移動と書いたり、贈り物を送り物と書いたり、回答を解答としたり、観るなのか見るなのか、よく見かける間違いがあるので不安に感じたら辞書等で確認するといいですね。それから当たり前ですが、お世話になったらメールでお礼を書く習慣をつけましょう。リクルータ-や先輩社員等にお世話になったらお礼のメールを送りましょう。タイミングを逃さずにやることが重要です。社会に出て、働き始めたら忙しい人、忙しい会社になると一日に何十何百というメールが飛んできます。その内容を瞬時に見極めて対応できるかどうか。自分を正に宛先にしているもの、自分はCCで入っているもの、自分が同胞リストの一人として入っているもの、緊急なもの、明日の回答で良いもの、3日後で良いもの等様々です。それぞれの必要性に応じてきちんと対応できるかどうか。自分が宛先になっている場合は必ず何らかの回答は必要だと思います。「無しの礫(つぶて)」にしておくと相手は無視されたと感じるでしょう。その内容・必要度に応じて何等かのレスポンンスをすることがより良いコミュニケーションにとり重要です。しかし業務の重要な内容な場合はしっかり調べ、準備し、何度もみなおしてから出すことも必要になるでしょう。そういう内容でてきとうに返していると火傷をすることがあるので、気をつけましょう。またメールを送るという事は書き物として残るわけで慎重に対応しなければならない場合もあります。場合によっては関係する人達に電話で話しをしておいてからメールで確認するという事もあります。いきなりメールで書いて相手からそんな事を突然言われても困る、という反応もありうるからです。まあいろいろありますが、電話、会議、TV会議、電話会議、WEB会議、メール、等様々なコミュニケーションの方法があるのでそれぞれをうまく組み合わせて、良いコミュニケーションができる様にすることが大切です。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
  1. 2014/09/01(月) 10:42:26|
  2. 15卒就活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新社会に向け何をしたらいいか

【アドバイス】
4月から社会人になった次男とはFBでよくやりとりする。最近彼にアドバイスした内容はメールでのコミュニケーション技術、エクセル力、英語力、日経新聞、ストレス耐性。いずれも基礎的な部分のアドバイスだがいずれも社会人としてやっていく上で重要な能力なのでこのブログの読者の人の参考のために一つずつ書いていきたい。
 
【3年以内離職率】
2010年大学新卒の3年以内の離職率は31%。約1/3がせっかく内定もらって入社した会社なのに辞めてしまっている。超就職氷河期の難しい10年で就職したくもできなかった年なので多くは優秀な人だろうと思うしもったいないと思う。原因はいろいろあるだろう。想像していた内容と違う職場だった。今より良い職場が見つかった。労基所ルールを遵守しないブラック企業だった。ストレスに耐えられなかった。等々。

【精神疾患】
2010年の精神疾患で病院にかかった人は320万人。そのうちうつ病が100万人。10年前と比べて倍増している。それだけ社会でのストレスが高まっていることを表していると思う。実際に自分の部下で過去3人うつ病の人を経験(いずれも異動してきたケースで自分がそうさせたわけではない)し自分の母親もうつ病になったのでその大変さは理解している。様々なケースがあるので一概に言えない問題と思っている。また3年以内に離職した人が全てこの疾患が理由というわけでもない。

【身近な例】
住宅販売メーカーに就職したA君は高校時代サッカー部キャプテンで人間的にも素晴らしい子だが、半年で離職。このケースは会社がひどいと思った。高いノルマを課し、達成できないと追い込む。不況のさ中高い家がそんなに簡単に売れるわけがない。その後1年近く求職していたが小さな会社に就職した。生命保険大手には50人同期入社したが、3年の研修期間で残った同期は10人ほど。ノルマの厳しい世界だ。IT最大手に就職したB君、3年経過し精神疾患を患った。

【ストレス耐性を高めること】
これから社会に出る人にアドバイスしたいのはストレス耐性を高めることだ。何事においても自由な学生時代と異なり、社会にでると、上司からの指導、会社の厳しいノルマ、お客からのクレーム、職場の人間関係等ストレスが少なからず身の回りにある。ストレス耐性を今から少しづつ高めておくことが重要だと思う。

【何をしたらいいか】
一つ目に身体を動かし鍛える。健康な身体には健康な精神が宿るという。毎日筋トレやランニングをコツコツとやる。毎日やる事で少しづつでも365日積み上げれば想像を超えるパワーになる。やってない人と365日の差は莫大な差となってあらわれる。学生の今から始めてみること。続けることで自分に対する自信もつく。その結果心身が強化される。次に仲間友人を増やす。今から心がけて増やしておく。社会に出ると悩みができるもので、これは仲間や友人に相談することで和らいだりする部分がある。話すことで発散することができる。誰もまわりに話す人がいなくて自分の中だけに溜めると爆発したり精神的にまいってしまう。なので今から友人を増やす努力をすること。次に集団活動に参加し人間関係に慣れる事。アルバイトやサークル、趣味の会、なんでもいい。人とのつきあいを増やし、自分と合わない人を見つけ、どう対処したら苦手な人とうまくやれるか考える練習をすること。世の中には自分と合わない苦手だという人が必ずいる。そういう人とのつきあい方を今から練習すること。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
  1. 2014/08/23(土) 21:20:15|
  2. 15卒就活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ここから内定を貰うには

【出遅れてしまったいろんなケース】
8月夏休み。この時点で内々定が無い状況。客観的に見て、出遅れた状況だ。理由はいろいろあるだろう。就活をやる気がおきなかったが気づいたら出遅れていた。これまで必死に就活してきたが何故か内定が貰えなかった。海外留学していて就活できなかった。公務員試験目指していたが受からず、一般企業志望に切り替えた等々。

【切り替えよう】
この時点で内定が無いともう無理かもしれないと不安な気持ちになるかもしれない。いったいどうしたらいいか迷い、悩むかもしれない。誰に相談したらいいかもわからず、夜遊びや酒に逃げたくなるかもしれない。しかし大事な4年生の時期なのだ。気持ちを切り替えて前向きに動きだそう。まだまだ間に合うからだ。やる気さえあれば、この後一発大逆転も十分あると思う。

【やる気】
まず、「やる気」=「エネルギー」があるか。これさえあれば、何とかなる。なければ、何らかのモチベーションを見つけないといけない。それはどんなことでもいいと思う。好きな彼女を幸せにするため、親を喜ばせるため、自分が欲しいものを買うため、良い暮らしをするため。やる気さえあれば今年は納得のいく結果が得られるだろう。以下に重要な要素を書いてみたい。

【戦略】
まずは、ここからの戦い方を考える必要がある。紙にスケジュールを書いて確認してほしい。9月から来年3月まで7ヶ月の時間が残されている。15卒は一つ下の16卒が就活開始が3月まで遅れたので、少なくとも2月末までは後輩の就活スタートに邪魔されない。この期間になんと決めればよいのだ。最悪のケースである就職留年の最終判断は1月の後記テスト。そういう意味からして、1月までに判断しなければならない。納得のいく企業に内定がもらえない場合は1月のテスト科目への対処で進路を決める必要がある。長男はそういう道を選択したが、今年はやる気と戦略があればそんな辛い選択は不要だと思う。

【情報】
まずは、情報が一番重要。夏採用、秋採用の情報をインターネットで徹底的に調べる。毎日調べる。これから、10/1の内定式に向け、多くの内定複数保有者が内定辞退を行う。かなりの数の内定枠欠員が発生する。企業はそこを埋めるために補充の募集を秋採用でかけるだろう。そこを見逃さずに応募する。情報を集めるのために、検索ページで「15卒秋採用」と入力して検索をかける。大学のキャリアセンター、就職課へ毎日行き、採用情報が来ていないか確認する。就活仲間から募集している企業の情報を聞く。みん就での情報掲示板をこまめに見る,B級情報ではあるが2chの情報を取捨選択しながら見る。

【間口を広げる】
自分ではこの業界に合っていると思っていても実は違っていることがよくある。なので少し志望業界をひろげてみることをお奨めする。就活では縁がとても重要なかぎだ。その出会いを失わないよう、多くの企業に応募することも大切。

【面接が鍵】
4月までのES、リク面、WEBテスト、テストセンター、3回の面接とじっくりと時間かけて選ぶ採用方法は企業の側もやらない。時間も労力もかけていられないからだ。結局はESを見て、面接で数回会って決めることになる。すなわち面接に強い者が勝つ。なので面接の特訓をすることが一番重要。 

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
  1. 2014/08/19(火) 09:50:44|
  2. 15卒就活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブラック企業:企業研究はしっかりと

今年もノミネートがあった。該当企業は

タマホーム、
居酒屋大庄、
ヤマダ電機、
東京都議会、
JR西日本
リコー 

等だが、やはりノミネートされるには理由があると思う。長男の同級生は2010年4月、住宅ハウスメーカーに入社するも、3ヶ月で辞める。高校のサッカー部ではキャプテンを務めていた人間的にも優秀な子だ。良い会社は半年、1年とじっくりと時間をかけて育て、そして正式に職場に配属する。忙しいのはわかるが、新入社員を使い捨ての駒の様に扱う企業もある。幸いにもその子は1年以内に小さな企業に再就職を果たし、この2年間はそこで働いている。大学生にとってはかっこいいCMしか頭にないが実際に入って過酷な労働条件に気が付く。やる気があり実力のある子は生き残っていくだろう。しかし多くの子は苦しみに直面する。給料を貰っているからあたリ前かもしれないが、じっくり育成する懐の深さも必要ではないだろうか。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
  1. 2014/08/04(月) 10:09:35|
  2. 15卒就活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。