FC2ブログ

就活応援サイト

就活生を応援します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

15卒人気企業ランキング:企業研究はしっかりと

【東洋経済記事】
①JTB
②東京三菱UFJ銀行
③ANA
④明治
⑤JR東日本
⑥JAL
⑦野村証券
⑧MIZUHOフィナンシャルグループ
⑨大和証券
⑩日本生命  

【筆者の感想】
驚いたことにメーカーは明治くらいしかトップ10にいない。JTB、ANA、JAL等の旅行系が多い。また金融系も多い、
長年社会にいて、周囲に多くのさまざまな業界・企業で働く人々との関係から自分なりの独断と偏見の意見を書くと、JTBは旅行最大手であり待遇はいいのかもしれない。また世界中日本中を飛び回れるという楽しさがあるかもしれない。しかし、旅行業は大変な仕事だと思う。わがままなお客様の苦情対応がかなりの部分を占める。長男の同級生も4年目に入りおちついてきたが、去年までは苦しそうだった。証券会社が2社入っているがノルマが厳しい世界。実力のある人はいいうが簡単な世界ではないこと心して臨まないと苦しい。一番厳しいのは生命保険だと思う。ここも高給で1千万プレーヤーになる可能性はあるが、ノルマが異常に厳しく、長男の同期の例では50人入って3年で残ったのは10人ほど。実力勝負の世界。しかし、辞めて転職した人達も多くは大手に入っているわけだが。

【社会人になってから】
長男は10卒就活で2社から内定をもらったがその会社に就職するかどうか最後の最後まで悩んで就職浪人を決めた。大手ITのR社だった。自分はこの会社に入ったらたぶんうつ病になるかもしれないと母親に相談していたらしい。長男の同級生はその会社に入社し、最近精神的に病んでしまった。この事実を見ると長男の選択は正しかったのかもしれないと思う。内定貰う前、就職する前は企業の実態と自分に合っているかはわからないものだ。そして就職してからその事実が明らかになる。企業研究は徹底的にやってほしい。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2014/07/28(月) 11:06:55|
  2. 企業情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

14卒人気企業ベスト20

文化放送キャリアパートナーズ調査の結果です。
1位 三菱東京UFJ銀行
2位 みずほファイナンシャルグループ
3位 明治グループ
4位 集英社
5位 JTBグループ
6位 講談社
7位 ANA
8位 野村證券
9位 日本生命保険
10位 大和証券グループ
11位 丸紅
12位 三井住友銀行
13位 損保ジャパン・日本興亜損保
14位 NHK
15位 第一生命
16位 旭化成グループ
17位 電通
18位 博報堂
19位大日本印刷
20位JR東日本

へーと思ってしまいました。筆者としては20社どこも大企業で安定して素晴らしい企業ばかりですが、そこで働きたいという企業は7社くらいですかね。半分が金融で安定志向をあらわしているなあと思いましたよ。若者達の気持ちはよーくわかりますが・・・。

よければポチットお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村

就職・アルバイト ブログランキングへ



  1. 2013/08/01(木) 23:17:07|
  2. 企業情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

13年ブラック企業ノミネート8社

【ノミネート8社】
①ワタミフーズ
②クロスカンパニー
③ベネッセコーポレーション
④サンチャレンジ(ステーキチェーン店)
⑤餃子王将フードサービス
⑥西濃運輸
⑦東急ハンズ
⑧東北大学

どこも有名なところばかり。ワタミは2年連続なのでトップのキャラクターに根ざした根深いものがあるのかなと思ってしまう。ベネッセは「追い出し部屋」で退職に追い込むとのことだが、この会社の社員を知っているが誇りを持ち優秀な人物だったのでとても素晴らしい会社と思っていた。お客としてはそれ以外の西濃運輸も東急ハンズも王将も優秀でよいブランドイメージしかない。外から見るのと中から見るのではやはり違いがあるのだろうか!?

【就活生としてどうするか!?】
普通の反応としては上記8社は避けて通りたいと思うだろう。それが普通の反応だろう。それを否定はしない。そんな中、客観的に観て上記8社の中のいくつかは採用されることははわりと難しくないかもしれない。何故ならみんな避けるだろうから。もし、内々定がないとしたら候補として考える手はある。自分がその立場なら受けてみるだろう。マスコミでこれだけ叩かれれば、よほどでない限り社内監査、改善をして変わっていくのではないだろうか?いやそう願いたい。受けるかどうかは自己責任で。

  1. 2013/07/09(火) 21:04:19|
  2. 企業情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PANASONIC

この会社は就活リーマンショック後に2人の子とも受けて両名とも合格できなかった。
「学歴」よりも「人物重視」でその人のパーソナリティーをよく見て採用する会社と思われる。
【会社について】
今、日本の企業の中で最も もがき苦しんでいるうちの1社。13年3月期の連結決算では7500億円の赤字。しかも2期連続。そのうちリストラ費用が5100億円だ。これはこれまでの日本政府の無能さの被害者という側面が火に油を注いでいる。技術の会社だっただけに技術への過信、プラズマへの固執が強く同事業からの撤退が遅れ大やけどをおってしまった。しかし、これに油を注いでいたのは全く政治能力の無い「民主党政府の無能さ」だと思う。韓国政府がウォン安政策をとり、サムソンや現代を強くバックアップしたのに対し、日本政策は3年間75円レベルまでの「異常な円高」を放置したおかげで日本の電機産業は「致命的な状況」に追い込まれた。韓国企業がウォン安で製品価格を海外で超安値で設定し売りさばき(韓国国内では独占状態なので高値政策)、円高の日本は対抗できずシェアを落としてきた。自動車も電機もそうだ。自民党アベノミクスとなりやっと円安基調になりこの後はパナソニックは業績を回復するだろう。パナソニックの大きな変化は「事業部制」の復活だろう。製品ごとに細かく組織を分割しその事業部は「中小企業」の様に「お客様の意見を聞き」「独立採算」でその製品についての「プロ」となり高いレベルの成果を出すというのが狙いだと思う。これがいいのかどうかは賛否両論あるだろうが、復活に向けた構造改革の時は社員が信じて走れるような「何等かの変化」が必要なので円安フォローもあり結果的にうまくいくだろう。自分もこの会社の人間をたくさん知っているが「誠実で良い人」が多いのだが少し「殿様」的で「大阪商人的な匂いが鼻につく」的な人が多かった。「お客から何が求められているか」これに真摯に耳を傾け技術開発を磨けば復活するだろうしそれを願っている。


【面接の予測】あくまで過去の参考例に基づく予測です。
下記の通り合計3回の面接が行われる。

1次面接(20代後半若手社員1:学生2か1、所要時間2人で30分と短い):
学生時代頑張ったこと、就活の軸(どんな業界をなぜ志望しているか?)を聞かれるらしい。
特にパーソナリティーについて聞かれるらしい。簡潔にわかりやすく明るく答え、職場の後輩として一緒に働きたいやつだなと印象づけられると良いと思う。質問は「長所と短所は?」「長所の実際に出た場面は(エピソード)」「短所はどうやって克服してきたか?していきたいか?」
アドバイス:
①しっかり自己分析しておく必要がある。
②簡潔に明るくはきはきと答える。
③相手は若手20代後半社員なので兄貴分となる人。、職場の後輩として一緒に働きたいか(気に入ってもらえる
か)、会社の社風に合っているかを見る。
④自己PRの長所のエピソードは最低2つから3つ準備して30秒~60秒で言える様にすること
連絡:翌日メール連絡の例あり。

2次面接(人事部2:学生1 所要時間30分):
1次面接と同じ様な内容に加えESの中身への質問、なぜパナか?を聞かれるらしい。
連絡:翌日電話の連絡例あり。

最終面接(面接2回と筆記試験 所要時間4時間)
面接2回:1回目は人事部長と1対1で30分程度、2回目は会社3人対学生1人、筆記試験80分がありかなり難しい。
<1回目の面接:人事部長1人対学生1人30分>
・自己PRや志望動機等基本的なことを深堀される。希望する仕事についても深堀りされる。
<2回目の面接:会社側3人対学生1人45分>
・1回目の内容に加えて、現在のパナソニックをどう思うか?海外市場についてどの様な考えを持っているか?海外戦略についてどう考えるか?自分がどう考え、どう行動する人間か?等「人間の本質を探る質問」をされるらしい。
<筆記試験80分>
とても難しいらしい。多分ある一定レベル以上できていれば通過するのではないか?平均点を基準に見ると思う。
連絡は当日電話である例あり
  1. 2013/05/12(日) 11:28:04|
  2. 企業情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新日鉄住友金属:歴史ある「良い人」の会社

【業績】
今日の日経新聞15面に経常利益40%減少と出ていた。鉄鋼メーカーで日本の産業経済を支える重要な企業だ。13年3月期営業利益は201億円で前期比75億円の減少。円高是正(円安基調)で輸入コストが上がる中、自動車、電機メーカーや建設業界が価格値上げを受け入れない中苦戦している様子がわかる。それからここは新日本製鉄と住友金属が昨年合併した会社だが、国内需要が限られる中、供給能力過剰な状況で業界再編の自然淘汰に晒されている。中期計画をHPからダウンロードして読んだが、財務体質はダボダボで両社を合併させてこれから筋肉質に変えていく真っ最中である。14年3月期予想は2800億円の営業利益でこの効率化が進めば無理なく達成できるだろう。そんな中新卒採用も人数は絞った少数精鋭で内定を貰うのは簡単な企業ではない。

【採用方法】
リクルーター制度を採用していて旧帝、KKDR、MARCHあたりまでリクルーター採用枠があるのだと思う。とても古い歴史の会社で古い制度、体質の企業だと想像する。息子は3月30日の6回目のリクルーター面談の前に「今回は山場だから」と人事から言われていたが、残念ながらそれ以降呼ばれなかった。毎回大阪の住友ビルまで呼ばれてカフェやレストランでコーヒーや食事しながらの面談だったらしい。リクルーター面談の度に採点されその合計点で4月以降の正式面接に進めるかどうかが決まるらしい。関西枠が数人と決まっていてその枠に入れるかどうかがポイントとなる。6回目の相手からは結構厳しいことを言われたらしく、「仕事の内容が理解できていないな。これまでのリクルーターから何を聞いてきたの?」とか「これだからうちは圧迫面接と言われるんだよな」とか言われたらしい。息子はいい経験になったと言っている。リクルーターの中には後輩思いの社員もいて個人的に飲みに連れていってくれて 社会のこと会社のことを親切にアドバイスしてくれて自腹で数万円の飲み代を奢ってくれたらしい。「人」という意味から良い会社らしく一時期第一志望にしていた。鉄鋼業界についてもっと勉強しておけば通過したかもしれない。業界絞らず40社ES提出すると「志望動機」は甘くなるということだと思う。
【期待】
この会社が頑張ることが日本の産業経済発展の鍵なのでまずは筋肉質になってほしい。日本国内は需要限定的なので今後は海外向けで成長発展していってほしいしそれによりコスト削減してくれるといいですね。世界1位のアルセロールミタルに10年以内に勝ってほしい。その過程で 円安ウォン高基調に乗り韓国ポスコや中国宝山鋼鉄には大差をつけアジアを支配する鉄供給エンタプライズ目指して欲しい。
  1. 2013/05/11(土) 20:22:17|
  2. 企業情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。