FC2ブログ

就活応援サイト

就活生を応援します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本人は特殊だと知るために世界をみる

【内定後】
今の段階で卒業予定者のうち8割前後が内定があると思います。4/1の入社式まで6ヶ月あります。入社してしまうと、週休2日か隔週休2日か、会社によって休みは違いますが、まとめてとれる休みも長くても9日、短いと4日くらいになります。この点が学生と社会人の最大の違いです。だから学生のまとまった時間を活用して今しかできないことをやりましょう。

【日本が特殊であることを知る】
地球上には54億人の人間がいます。日本人は1億2千万人です。白人、黒人、黄色人種等様々な人種がいます。白人もゲルマン系、ラテン系、ラテン系でもイタリア、スペイン、ポルトガルで文化、特徴、考え方、食べもの等が異なります。日本は海に囲まれたガラパゴスです。世界的に観ればとても特殊な国だと思って下さい、それが当たり前だと思っていると、社会に出て、ビジネスで海外の人間と接したときに慌てることになるかもしれません。

【海外を見て日本がどう特殊なのか知る】
旅に必要なものは主に宿と、飛行機の手配です。今はインターネットが普及し便利な時代です。例えばペルーのマチュピチュに行こうとするとネットでマチュピチュホテルとか東京ペルーリマフライト等と検索すると、TRIP ADVISORやBOOKNG COM等が最安値を教えてくれます。その中から自分の予算等にあわせて予約するだけです。飛行機は手数料をとられないように航空会社のホームページで直接予約すれば安くすむと思います。最近は更に進んでAIRBNBやUberというサイトで一般の人の家や車を安く活用することもできるようになりましたが、事件も発生しているので気をつけてください。てっとり早いのはHIS等の旅行会社に行きパッケージ旅行をお任せで頼む方法です。息子達もパッケージ旅行で好きな国に行ったようですが、本当は自分で手配した方が勉強になると思います。まあ無理せず、自分のできる範囲で行けばいいと思います。但し行ってきたら、その国は日本とどう違うのか列挙できるようにしてくださいね。

【その他】
安全にはくれぐれも注意して下さいね。外務省の渡航禁止や注意勧告の出ているところはやめましょう。親や関係者に迷惑をかけるだけです。資金はバイトして貯めるべきでしょうが、どうしても間に合わない場合親から借金する方法もありかもしれません。但し社会に出て数年は給料はしれているので親に借金があると苦しいですよ。


にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2015/09/29(火) 10:51:49|
  2. 内定後
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

残り7ヶ月の学生生活は

【入社2年目】
14卒で入社後1年と5ヶ月目の次男は来月からいよいよ正式配属。今月に入り同期全員正式配属先が内示された様です。毎日のように送別会をやって金欠状態になるのは当たり前ですね。一方、社内テストがあり、日曜日に18時間勉強したのだそうです。

【内定後の4年生】
卒業まで残り7ヶ月ですが、何をして過ごすか。多くの企業はこの時期に入社前課題を出します。企業内コンプライアンス、社会人マナー等の通信教育程度、それから創業者に関する読書感想文程度なら1日1~2時間程度でこなせますが、簿記試験4級合格を課す企業、TOIEC800点以上等予想以上に大変な課題を課す企業もあります。後者の企業の場合はあきらめて従うしかないですね。
学生時代の時間を前借りするとは何事かとは思いますが...。
上記のように会社に入ってからも1日何時間もテストのために勉強するなんて当たり前なので、学生のうちはやりたいことをやってほしいと思いますね。

【具体的には】
友人、人脈を増やす:社会に出ると、困ったり悩んだり、落ち込んだりすることも多いと思います。今の間に多くの仲間を作っておくことをお薦めします。

忍耐力・精神力を強化する:就職しても数年で辞めてしまう人やメンタルヘルスを病む人が結構たくさんいます。そんなに
簡単に短期間で強化できるものではないかもしれませんが、ランニングや筋トレ等を継続することで体力・精神力を高めることに貢献すると思います。毎日ダラダラと過ごす人より、1日15分~30分で50~105時間の積み重ねとなり差がとなります。自分自身への自信もつくでしょう。

読書:自分の尊敬できる人物、生き方のお手本とする人物を読書等から見つけられるといいですね。困ったり悩んだりしたときにその人物ならどう切り抜けるか。そういう拠り所があると強いと思います。

他にもいろいろあると思いますが、楽しい学生最後の時間をお過ごしください。


にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
  1. 2015/09/15(火) 10:33:40|
  2. 内定後
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本人にかえれ

idemitsu2.png
【内定後】
この時期内定がある学生が80%以上になっているとのことです。売り手市場の16卒はもうそれくらいなんでしょうね。2留年した次男の同級生も化粧品最大手、商社最大手等から複数内定をもらったとのことで、FACEBOOKに飲み会の写真が毎日のようにアップされています。友人と学生最後の時間を漫喫できるのは今のうちだから、ストレスの溜まる就活をやり遂げた今だから、はめを外し過ぎない程度に楽しんでほしいと思います。

【本を読む】
友人を増やしまた友人との交流を深め、旅行に行ったり、好きな趣味やスポーツを楽しんだり。いろいろやることはあるでしょうが、例えば本を読むということは良いと思います。

【海賊とよばれた男】
たとえば、実在した経済人の生涯を描いたこの小説。日本人として、日本人ならではのビジネスの世界でこれから生きていく人に一つの生き様として知っておくべき人物の物語です。日本が太平洋戦争に突入せざるを得なかった理由も石油、大戦後、中東地域がいつまでも戦火に晒されている理由も石油、今の車の開発(燃費や重量等)の内容を決めるのも石油。この世界で世界と対峙し、日章丸事件で大英帝国を相手に勇敢に勝利した物語。タイムレコーダー、定年、解雇がない会社、経営判断は日本のためになるかどうか、人のためになるかどうか。もし知っていたらこの会社でこの経営の下で働いてみたかった。そう思わせる内容です。社会に巣立つ前に読んでおいてもよい内容だと思います。*「日本人にかえれ」は創業100年に新聞に掲示された言葉、

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
  1. 2015/09/11(金) 09:21:07|
  2. 内定後
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

社会人に向け何をすればいいか③

91cdabc895dce639876544ff0508618c.jpg

今日は内定式。紺黒のスーツに白いカッターの初々しい姿が街のあちこちで見られる。夜もスーツ姿の学生の集団を見かけるだろう。次男は14卒で今月から正式な職場に配属され3日目。これから就活始める16卒にも、内定式の15卒にも配属された14卒にも薦めたいのは日本経済新聞を読むこと。これからビジネスの世界に入っていくわあけで世の中の経済の動きを知ることはとても重要。アンテナをはり、情報を集めることは必須だが、経済の情報を得る場合、日経新聞に勝るものは無い。毎朝、駅で買い、電車の中で目を通す習慣を身につけよう。毎日の積み重ねが1年で大きな差となって現れる。就活生は面接で経済・時事問題を聞かれることも多いので日経をこの1年間読み備えるべき。ネットでニュースが見れればいいと言っていると、読んだ人と大きな差を1年間に実感することになるだろう。写真は日経平均株価が7600円の頃、今の16000円の半分以下で円急騰90円とあるから2008年頃のものかと思う。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
  1. 2014/10/01(水) 09:04:11|
  2. 内定後
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

学生生活残り5ヶ月

【遊びと勉強】
14卒予定の就職希望者の90%前後が内定を貰っていると思います。厳しい就活ご苦労様でした。入社式の4/1まで残り5ヶ月の学生生活ですね。この間に何をやるか、ディスコの調査によると文系学生は「趣味・遊び」が77.9%、「専門分野の勉強」が76.4%、「卒業旅行」が70.9%の順。理系学生は「専門分野勉強」が95.9%、「趣味・遊び」が66.6%「卒業旅行」54.6%の順でした。

【5ヶ月後】
就職したら毎週1日か2日の休み以外は毎日働くことになります。はっきり言って2年~3年間は辛いです。しかしそれは当然と言えば当然です。なぜならば、会社は毎月何十万、年間何百万というお金をあなたに支払うわけで戦力になってもらうために会社は新入社員に対してOJT(オンザジョブトレーニング)中心に教え込むわけです。職場の先輩達は様々です。優しく教えてくれる性格の人、怒鳴りまくる人、冷静な人、最初から新人に期待もせず教えようともしない人。多くの先輩社会人は10年以上経過して振り返ると「あの時は恨んだけど思い出せばあの時厳しく教えてくれたから今自分は仕事ができる様になっているんだなあ」と思いかえすのです。多くの人が最初に2~3年間「会社行きたくね~」「辞めたい」と感じるでしょう。中には「楽しくて仕方ない」という人もいますが少数派です。いずれにせよ5ヶ月後にはそういう生活が始まります。

【例】
たいていの学生は前期まででほとんど単位を取り終えて、週1~2回大学へ行くスケジュールなんじゃないでしょうか。バイトして海外旅行してという目論見も10/1の内定式の後、スケジュール変更をしなきゃとなった人が多いかもしれませんね。内定先は山の様な課題をくれるからです(笑)。簿記3級の通信教育、TOEIC+100点の通信教育、創業者の本を読んでの感想文、会社の法務コンプライアンスに関する課題。安倍首相の学生は勉強に取り組むために就活後ろ倒しするというのがありますが、企業は学生の時間を先食いして課題を課す形になっていることを知っているのかなあと考えてしまいます。それが悪いとは思いませんが、実態はそうなっています。

【友人・人間関係作り】
5ヶ月後には全く別の世界に入っていくわけですから、残された日々は心残りなく過ごしてください。飲み会、旅行、趣味、スポーツ、バイト、デートどんなことをするのもいいですが、友情を育み、人脈を増やしておくといいと思います。社会に出るといろんな悩みも出てきますから、その時に皆で集まって飲み会やってストレス解消したり、相談しあえる仲間をたくさん作っておくこと。それが一番大切だと思いますね。

それとまだ内定の無い10%前後の学生も就活の環境は改善してきていて必ず内定は貰えると思うので頑張ってください。

参考になったらポチットお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
  1. 2013/11/04(月) 09:45:07|
  2. 内定後
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。